レザークラフトをする前に

革

見ておくポイント

レザークラフト用に革はぎれが販売されており、個人でも気軽に身の回りの小物を作れます。通販でも革はぎれは販売されていいますので、誰でも気軽にレザークラフトに挑戦できます。しかし、革を購入するときには気を付けておきたいこともいくつかありますので、レザークラフト初心者の方は注意してください。革はぎれには仕上げの方法に種類があり、例えば染色の方法には顔料仕上げと染料仕上げがあります。顔料仕上げは表面に染料を塗布して色をつけている革で、さまざまなカラーがあり色鮮やかなところが特徴です。染色仕上げは革自体を染料で染めてしまう方法で、革本来の魅力を味わえます。時間の経過とともに、色が変化して使い込むほどに色にしぶ味が出て来るところが特徴です。また、革はそのままでは使用できませんので溶剤でなめしていますが、なめす方法にはタンニンなめしとクロムなめしがあります。タンニンなめしは、植物由来のタンニンでなめしており、伸びにくく丈夫なのが特徴です。クロムなめしは、薬剤にクロムを使用しており耐熱性に優れ、やわらかくて弾力性も高いのが特徴です。このような違いがありますので、購入するときは同じ仕上げ方の革はぎれがセットになっている商品を選ぶようにした方がいいでしょう。同じ仕上げの種類のものが揃っているとはぎれが足りなくなったということも防げるでしょう。同じ仕上げのものを用いてレザークラフトを作りますと、統一感のあるものが作れるはずです。また、初心者の方はレザークラフトには専用の道具が必要ですので、何がいるのかしっかり確認をして購入し忘れないようにしてください。道具をひとつも持っていないなら、初心者用のレザークラフトキットを購入するといいでしょう。革はぎれからレザークラフトの道具一式がセットになって販売されていますので、初心者の方にはおすすめです。

Copyright© 2017 クラスが一致団結になるために|クラスtシャツ が必要不可欠 All Rights Reserved.